【ジャニーズまとめ記事】不仲が囁かれるグループ・コンビは?その理由とは?

ジャニーズ所属のタレント達、特にグループやコンビに関しては不仲説が数多く噂されてますね。みなさん明言を避けるので、大半は噂で終わることが多いですが、実際に不仲が原因で解散したり、不仲の事実を明かすメンバーもいたりします。今回は、不仲関係が噂されるジャニーズタレントについて、その原因も調べました。

代表格!SMAP 不仲が原因で2016年に解散

中居正広さんと木村拓哉さんの不仲説を筆頭に、香取慎吾さんと木村拓哉さん、草彅剛さんと木村拓哉さん、稲垣吾郎さんと草彅剛さん…。

1月の解散騒動勃発以来、常にキムタクとそれ以外のメンバー4人という構図で、報じられ続けてきた

出典:livedoorNEWS

いつのまにか「キムタクが裏切った」、「香取は純粋だった」という構図が出来上がった

出典:週刊現代

グループ解散するにあたってキムタク1人VSメンバー4人の構図が目立ち、キムタク批判が多かったのかと思いきや、キムタクを擁護する声も多いみたいですね。

そんな中、新たな進展!SMAP復活の希望も…!?

2019年3月27日、日本テレビ系『ナカイの窓』最終回での中居くんのコメントや番組内で使われたBGMやED選曲について「SMAP匂わせがすごい」と話題を呼んでいます。

「7年半の間、色々なことがありました」「“再会”を切に思うこともあります」「このメンバーだけじゃなく、切に思う“再会”っていうね……、僕にとってはあるんです」と噛みしめるように独白。そして「僕はこの“再会”を切に願うために、僕の口から言うのもすごくアレですけどもそんな乾杯でもいいですか?」と共演者に投げかけている。

さらに「多分、見てると思うんですよね……」とも呟き、一同は全てを察したかのように沈黙。ところが中居は神妙な雰囲気の中、「『ナカイの窓』、そしてリミテッド、アンタッチャブルの“再会”を願って乾杯!」とグラスを掲げ共演者の笑いを誘った。

「恐らく誰もが“SMAP”のことだと思っていた中居の言葉ですが、陣内智則がコンビとして活躍していた“リミテッド”や山崎弘也の“アンタッチャブル”の名前を出して絶妙に“外して”います。しかし、長年番組を共にしていた陣内には真意が伝わっていたようで、『これは中居さんの最後の照れ』とコメント。

出典:日刊サイゾー

使われていたBGMは「夜空ノムコウ」、更にEDテーマは「オレンジ」とSMAPの名曲達でした。これらを受けて、SMAPファンはもちろん、世間の声としてもSMAP復活への期待が膨らんでいる様子です!

本当に、もしSMAPが復活したら…凄いことですよね^^期間限定でも良いので、また5人揃ったステージを見てみたいです。

 

本当は仲が悪い?嵐の櫻井翔と松本潤

2017年、3月に発売された新潮社『週刊新潮』にて櫻井さんと松本さんの不仲説が報じられ、ファンを中心に世間が騒然となったようです。嵐といえば、誕生日にはお互いにプレゼントを渡しあったり、プライベートでも付き合いがあり、世間一般的に“仲良しグループ”として知られていますが…。

記事ではキー局の幹部が「一緒に仕事をしたことがあれば分かりますが、櫻井と松潤との間には微妙な『空気』が流れていますね」と証言。

同幹部によると、櫻井さんは「学歴の差とかインテリ・キャラをはっきりと出す」といい、東京大学法学部出身で元総務事務次官・桜井俊さんを父に持つ櫻井さんは、小学校から大学まで慶應に通っていたエリートアイドルとして知られていますが、普段から政治家と会食するなど“勉強熱心”とのこと。

一方の松本さんは、嵐のコンサート演出を手掛けていることなどから「嵐は俺が仕切っている」という思いが強く、もしもこの2人だけだったら空中分解しかねないといいます。

出典:News Every

しかし、世間の反応は不仲否定派が多そうです。

仕事とプライベートをきっちり分けてるってことですかね。バラエティでの二人の会話もぎごちない雰囲気はあまり感じませんし。櫻井さんも松本さんも、アイドルグループ『嵐』に対して、それぞれ熱心で大切に思っているからこそ、衝突することもあるのかもしれないですね。

しかし、2019年『嵐』が活動休止を事前報告。不仲説再燃!

SMAP騒動から程なくして2019年1月27日、2020年いっぱいをもってグループとしての活動を休止すると発表した『嵐』。ジャニーズの代表格が立て続けにこのような状況になり、世間に衝撃を与えました。

ファンクラブサイト内には、メンバー全員が揃って収録された動画がアップされ、一人ひとりコメントをした。リーダーの大野智は活動休止に至った経緯について、「2017年6月中旬、僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。その内容は、2020年をもって自分の嵐としての活動は終えたいと」と説明。相葉雅紀は「5人で嵐だという気持ちが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては、嵐と名乗ってグループ活動をするのは難しいと思いました」と語った。
「27日の夜に行われた会見では、メンバーはしきりに仲の良さをアピールし、相葉はファンサイト内でのコメントで真っ先に不仲説を否定していましたが、こうした点が不自然ではないかということで、かえって一部では不仲説が広まる原因にもなっています。嵐は5人一緒の仕事の現場では、二宮和也と松本潤が共通の話題も多くて仲が良く、そこに相葉が加わる一方、キャスター業などで常に忙しい櫻井翔は一人遅れて来ることもある“別格扱い”で、現場でも『news zero』関連の資料などを読み込んでいたりして、大野は大野で何か一人でやっているという構図になることが多いと聞きます。
つまり“1:1:3”というかたちですが、他の4人と比べるといまいちソロでの活動がパッとしない大野は、グループ内ではやや“浮いた存在”だったともいわれており、そういう微妙な立ち位置が今回の決断につながっていった可能性もあるかもしれませんね」(テレビ局関係者)

出典: https://biz-journal.jp/2019/01/post_26455.html

大野さんの意見を、4人が尊重したような構図となっていますね。引用記事にもあるように、以前からあった不仲説と関連づけられた情報が飛び交っているのも事実ですが…。世間の反応としては「喪失感」に落胆する声はありますが、SMAPの時よりも穏やかに事実を受け止めているという感じでした。

活動休止は寂しいですが、解散するわけではないので、今後の動きに注目していきたいですね!

 

『TOKIO』国分太一と『V6』森田剛

 


2019年1月9日放送のフジテレビ系『TOKIOカケル』にて、長瀬智也さんが「太一くん、V6の森田剛と電話番号交換するって言ってなかなかできないよね」と話を振ると、国分は「今も断られてる」とカミングアウトしていました。

他にも、2015年9月放送のテレビ朝日系『MUSIC STATION ウルトラFES』でTOKIOとV6が共演した際も、国分さんが「森田くんと距離感が全然縮まらない」と嘆き、これに対し森田剛さんは、「あんま好きじゃないっす」と率直に返答する場面がありました。

また、V6の20周年ライブにTOKIOがゲスト出演した際も、MCの中で国分さんが「(V6の他メンバーは)すごく仲良くしてくれてるんですよ。ただね、20年ずっといるんだけど、どうも森田とだけは距離が全然縮まらない」と嘆き、森田が「だから嫌いだって言ってんだ」と一言。長瀬が「おめ~やんのか~!」と飛びかかろうとする場面がありました。

森田さんに酷くあしらわれる国分さんを他TOKIOメンバーが庇うという一連の流れがネタとしてあるような印象ですね。本当に不仲なら共演NGとかになりそうですしね。

ファンの間では、“ビジネス不仲”だという声も上がっているようで、国分さんと森田さんの関係についてはポジティブな見方をする人が多いみたいです。

 

『嵐』二宮和也と『NEWS』手越祐也

不仲説の出所は、テレビ番組での発言が発端となっているようです。

日本テレビで放送された
『DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦4時間SP』
というバラエティ番組で、二宮さんが手越さんに向かって「嫌いなんだも~ん」と発言しました。

これに対して、ネット上では以下のような不仲説を否定する意見が多いようですが…
・本当に不仲なら、テレビで発言なんかしない
・バラエティならではのジョーク
・局の演出だった

問題となった番組内でのやり取りについて、NEWSの小山さんと手越さんがトークする音声がありました。

やっぱり台本通りです〜的なことをサラッと語ってますね。

しかし、手越さんは日本テレビのロシアW杯メインキャスターを務めたり、同局『世界の果てまでイッテQ』でも活躍されていますが、『嵐』に対して異常な程ライバル心を抱いているという情報もあります。「俺の方が歌もダンスも、演技力もあるのに何故嵐に負けるんだ」と言っているようです。

噂の真相について当人である二人が明言しているわけではないのであくまで噂止まりですが、少なくとも手越さんが嵐に対して嫉妬に似た感情を抱いているということは何か現実味がありそうですね。そのような状況で、二宮さんのTV発言があったのかもしれません。

スポンサードリンク

 

『KAT-TUN』亀梨和也と赤西仁

現在はジャニーズ事務所を退社してソロの歌手として活躍中の赤西仁さんが『KAT-TUN』在籍中に、メンバーの中で一番人気が高かった亀梨和也さんとの不仲説が噂されていました。

 

KAT-TUN結成の2001年から、2006年のメジャーデビューまでの5年間も共に活動していたメンバー6人。その中でも、当時から赤西仁さんと亀梨和也さんは一際目立っていたそう。事務所側は、ポスト木村拓哉にしたいと2人にかなり期待していたようでした。

入所当時は亀梨さんと赤西さんは仲が良く、どうしても2人だけ目立ってしまうのでなるべく仲良くしないようにと言われていたらしいです。

そして、仲は良いものの2人はお互いにライバル意識が強かったそうです。

宮城公演で赤西仁と亀梨和也が、取っ組み合いの喧嘩をしたそうだ。
赤西仁はコンサートのパフォーマンスについて、口を出し、自分が仕切ろうとし始めた。
初めはメンバーも黙って聞いていたようだが、さすがに亀梨和也がキレて、
『オマエ、全然変わってねえじゃねえかよ!』
と襟首をつかむ取っ組み合いになった。
その場はすぐに周囲のスタッフが仲裁に入って収まったが、
怒声は外にまで響き渡るほど大きかったという。

出典:http://laughy.jp

赤西さんと亀梨さんはデビューから意識せざる負えないライバル関係であったのは事実みたいです。

赤西さんの自由奔放な態度が、亀梨さんにとって「ライバル関係」というよりも「グループの和を乱す奴」というような認識に変わっていったのではないでしょうか?

更に赤西さんは、突然の語学留学や黒木メイサさんとの電撃結婚で世間を騒がせ、2010年にKAT-TUNを脱退します。これらに対しての亀梨さんは、

「連絡も無かったし、コメントが難しい」

「正直、これまでいろいろあったので驚かなかった。この5人が一番びっくりしてないと思う」

「おめでたいことはおめでたいことなので、相手のことを気遣って、僕ら以上に関係を強めていって欲しい」

というコメントをしていたみたいです。赤西さんがグループに迷惑をかけたことは事実であり、その事実に対し言葉を選びつつも、亀梨さんの心境が伝わってきますね。

しかし、グループ脱退後の赤西さんと亀梨さんは、和気藹々と談笑する場面が目撃されたりと、同じグループ内で活動していた時よりも関係は良好になっているみたいです。

距離が近すぎたKAT-TUN時代は、二人にとって窮屈だったのかもしれません。今なら、ジャニーズ入所当時のような、良き友人同士に戻っているかもしれませんね。

 

『関ジャニ∞』横山裕と村上信五

喧嘩エピソードが不仲説の元でした。横山裕さんが、村上さんとホテル生活が一緒だった頃の話を暴露しています。

その内容とは、仕事に行く時間の1時間前に起きるという生活をしている横山裕さんは、ある時村上信五さんの豪快な歯磨きの音で目が覚めてしまっていたというのです。

そして、村上信五さんは、横山裕さんが枕元に置いたジュースを勢いよく飲むせいでペットボトルが凹み、それが戻る音で起きてしまっていたと、お互い睡眠妨害をされたことで喧嘩になったのだとか。

些細なことが原因のただの喧嘩?が不仲説まで発展してしまったのですね。まぁ生活を共にしていたとなると、こんなことでも気に障ってしまうのでしょう。ファンの方々にとっては微笑ましいエピソードなのかもしれません^^

 

『嵐』櫻井翔と『タキツバ』の滝沢秀明

2人は1度も共演したことがなかったという理由から、ファンの間で不仲説が噂されていました。

ジャニーズ事務所に入ったのも、半年違いなだけで、ほぼ同期。それでいてテレビ共演がなく、しかも後輩の風間俊介さんや生田斗真さんからも、「2人が話しているところを全然見なかった」と、関わりが全くなかったことを証言されています。

そんな中、2016年7月に放送された『櫻井・有吉THE夜会』で、ついに真相が明らかになりました。

櫻井翔さんと滝沢秀明さんが不仲だった原因は、櫻井翔さんが滝沢秀明さんに対して、入所後すぐに活躍する姿を見て、嫉妬していた部分があったと告白。

「たまたまグループが違うから話さなかった、じゃなくて、俺はタッキーのことを斜めに見ていた。」「(自分から)離れていったと思う。」と、当時の心境を語っています。

「例えば、『8時だJ』の時もヒロミさんと肩並べて番組を進行する滝沢君。」

「それで距離ができていったんじゃないかな。」

「これって戦う…努力する意味あるのかなって思っちゃった。」

「反省というか謝りたいなと思っていて。」

今となってはジャニーズの後継者となった滝沢秀明さん。櫻井翔さんにとって、事務所入所当時から別格扱いを受けていた滝沢秀明さんに対する複雑な気持ちがあったのでしょう。

番組内のサシ飲み企画にて2人はお互い本音を打ち明け合い、ついに確執が解消されたのでした。良かったです^^

『Hey! Say! JUMP』山田涼介と中島裕翔

2017年9月23日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」にて、山田涼介さんが中島さんとの不仲説について言及しました。

山田さんと中島さんが14歳の時に結成された『Hey! Say! JUMP』は、中島裕翔さんがリーダーだったのですが、リーダーが途中で中島裕翔さんから山田涼介さんに交代になった頃から2人の関係に亀裂が入り始めたそうです。

20歳まで中島とめちゃくちゃ仲悪かったんですよ。お互いリスペクトしてる部分もあったけど、なんか鼻に付くなって」と中島とは長い間“不仲”であったことを告白。「もともとこのグループは中島がセンターで始まってるのに、途中で僕が急にセンターになって。そこからお互いにギクシャクし始めてしゃべらない時期があった」と背景を説明した。もちろん今では仲の良い2人だが、当時の関係を象徴するエピソードとして「とある番組で、僕が前、中島が後ろで歌っていた時があって」と切り出した山田。「僕が歌った後に中島が歌うので僕が歌い終えたら(振り付けで)しゃがまないといけなかったんですけど、『テレビに映したくねえ』と思って、そのまましゃがまないことがあった」と頑なだった10代の頃を振り返った。

出典:Johnny’s Jocee

山田さんは「あのときは本当に申し訳なかった。」と反省していました。しかし今では、このように話に出せる関係になっているということですね。

 

『修二と彰』亀梨和也と山下智久

日本テレビ系ドラマ『野ブタ。をプロデュース』でW主演を果たし、『修二と彰』というスペシャルユニットで『青春アミーゴ』が大ヒットした亀梨和也さんと山下智久さん。

しかし、実はこのドラマ主演が決まった時…なんと2人は、冷戦状態と言われるほど不仲関係にあったようです。亀梨和也さんと山下智久さんは、地元が近くお互い顔見知りだったそうです。

山下智久さんは、2006年放送の『HEY!HEY!HEY!』にて、不仲について語っています。

「中学から亀梨を知ってて、昔、大嫌いだったんですよ」と大暴露!どこが嫌いだったかを聞かれると、「生理的に。態度も不良っぽくて、『なんだよ、やんのか』みたいなのが」と答えた。さらに驚きなのは、公園とかでけんかをしたりしていたらしい。

出典:Johnnys X Johnnys

結局二人の関係は修復されないまま「修二と彰」が結成されてしまい、楽屋でもお互いに目も合わさない状態だったようです。しかし、そこまで不仲だった亀梨和也さんと山下智久さんの関係が修復されるきっかけとなったのが『野ブタ。をプロデュース』の共演でした。

「修二と彰」の結成、ドラマでも一緒に出ることになり、このじゃマズイと思い、一回話し合おうよ、と腹を割って話し合いをすることに。お互いが嫌いなのはわかっていたので、「オレはお前のココが嫌い」と言い合い、どうするか話し合ったそうだ。その結果、「今は結構、大好きになっちゃいました。親友になっちゃいました」と笑顔でコメント。山下は意地っ張りらしい。謝るのに勇気がいるから結局時間がかかってしまったと言ってました。

出典:Johnnys X Johnnys

話あったおかげで今は仲良しとのこと、良かったですね。山下さんがMステに出演した時に亀梨さんがサプライズ出演したこともあるみたいです^^これからは良き親友であり続けてほしいですね!

 

長く不仲が噂のKinki-Kidsは自ら噂を否定!

2016年、8月に発売された小学館「女性セブン」にて堂本剛さんが堂本光一さんとの不仲説について言及しています。

KinKi Kidsは2人で活動していて、同じ方向を向いてるわけではないのですが、同じ場所には立っているんです。

それでいいんだろうなって思います。

仲が悪いという都市伝説を作り上げられて20年。

弁解するのもめんどくさくなりました。

この関係性は今後も変わることはないと思います。

彼は彼、ぼくはぼくの人生を生きている中でKinKi Kidsがあるんです。

出典:excite.ニュース

2016年に活動20周年を迎えているKinKi Kids。それだけ期間があれば、お二人にとっても熟年夫婦のような関係なのでしょう(笑)

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は不仲関係が噂されるジャニーズタレントについて、その原因や現在の状態をお伝えしました。

仲が悪かったけど今は仲良いですってケースが多いですね。やはり若い頃は血気盛んというか(笑)大人になってちょっと落ち着いたらお互い尊重し合えるようになったって感じですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)