遠藤憲一の嫁はマネージャーで元女優?遠藤昌子の画像が見たい!

実力派!超ベテラン・コワモテ俳優の遠藤憲一さん。

今でこそ、いろんな役柄やバラエティでのお茶目なところが広く知られていますが、ブレイク前はその顔面から「極めた道の人」にしか見えませんでした…すみません^^;

そんな遠藤憲一の嫁さんってどんな人なのでしょう?

遠藤憲一さんとその嫁、家庭について調べてみました!

遠藤憲一のプロフィール

 


本名:遠藤憲一(えんどう けんいち)

生年月日:1961年6月28日(2019年7月現在で58歳)

スポンサードリンク

出身地:東京都

身長:182cm

体重:65kg(痩せ気味だが普通体重)

血液型:O型

星座:かに座

趣味:写真

職業:俳優・ナレーター・脚本家

所属事務所:エンズタワー(個人事務所)

活動期間:1979年〜

遠藤憲一の嫁さんって?

遠藤憲一さんは、月給8万円(°∀°!!)だった1990年に29歳で結婚されています。

遠藤憲一の嫁は昌子?晶子?

遠藤憲一さんの嫁を調べていると、関連キーワードに「遠藤憲一 嫁 晶子」というものがありました。

これは間違いです。正しくは「昌子」さんなので皆さん、間違えないでくださいね!

「晶子」さんについては、「アナウンサー」という関連キーワードがあり、調べたところ「進藤晶子」さんというアナウンサーの方がいるようです。

「遠藤昌子」と「進藤晶子」パッとみた感じ間違いそうなくらい文字の並びが似ています。これで勘違いした方が多かったのではないかと思われます^^

 

遠藤憲一さんと昌子さんの馴れ初めは?

遠藤憲一さんと嫁(妻)昌子さんの出会いは、遠藤憲一さんが25歳の時でした。劇団時代の知り合いが舞台の自主公演をやることになり、遠藤憲一さんは脚本と演出を任されます。その舞台の看護師役として紹介されたのが昌子さんだったのです。

なるほど、昌子さんも舞台女優だったんですね(°∀°)

昌子さんは、タレントとしても活動していたという情報もあります。当時は遠藤憲一さんよりも稼いでいたようです。

遠藤憲一(以下=憲一)「4年間付き合って、29歳で結婚しましたが、結婚しようと思ったのは本当に突然でした。付き合い始めてしばらくは『結婚』が頭にありましたけど、時間とともにその思いがだんだんと薄れていって。『もう結婚はないのかな……』と思っていたときに、彼女と映画を見に行った。ボクサーが主人公の『どついたるねん』という、結婚とはまったく関係ない映画でしたが。その帰りに居酒屋に寄って、その場で突然『結婚しちゃおう』と思って、彼女に『結婚する!』と宣言したんです。あのとき、なぜ突然結婚しようと思ったのか、いまだによくわからないですね(笑)」
出典:excite.ニュース

昌子さんは遠藤憲一さんとの結婚を機に芸能界を引退され、その姿は一切表には出てきていません。

 

ブレイクは、嫁・昌子さんのおかげ?

結婚してからも変わらず、遠藤憲一さんの役回りは“犯人役”“悪役”ばかり。役者としての幅を広げられないまま、40代前半までそんな俳優人生が続きました。

 

勇気いりますよねー旦那の月給8万円ですよ?苦労するのは確実じゃないですか(´д` ;)それでも結婚したのは、苦労よりも遠藤憲一さんに対する愛の大きさが勝ったわけですね。

2001年、そんな遠藤憲一さんに俳優人生の転機が訪れます。

憲一「21歳のときからお世話になっていた事務所の社長に、高齢と病気を理由に『事務所は私一代でおしまい』と言われて。自分のことをいちばん知っているのは女房だし、うちは子どももいないので『マネージャーをやってくれないか』と言ったら、『絶対いや!』と。それでもお願いにお願いを重ねて、3年目にやっと『OK』をもらいました。そのとき彼女が言ったのは『これからは、私のやりたいようにやらせてもらいます』。だから、独立してからは自分の意見はほとんど通らない。女房に乗っかってここまできたという感じです(笑)」
出典:excite.ニュース

そして、2007年、現在の個人事務所「エンズタワー」を設立。昌子さんは代表取締役に就任、遠藤憲一さんのマネージャーなったんですね。

遠藤昌子(以下=昌子)「事務所を立ち上げて最初にいただいた大きな仕事はNHK『風の果て』(’07年)という連続ドラマでした。それを見て『相当芝居ができる人だ』と見直して(笑)。これだけの表現ができるのに、これまでいただいてきたような役では見る人が限られている。もう少しいろんな人たちに見てもらえる役をやらせてあげたいと思いました。それまでは東映のVシネマやヤクザものが多くて、本人はやりがいを感じていたようですけど、私としては、たとえワンシーンの出演でも、見た方に『おっ、こんな役でもできるんだな』と思ってもらおうよと。同時にどんどんテレビに移行していきました。最初はずいぶん衝突しましたけれど『この前の役よかったよ。次はこの役でどう?』と言ってくださる方が増えてきて、役柄も広がっていきました。それからですね、私の言うことを素直に聞いてくれるようになったのは(笑)」
出典:excite.ニュース

遠藤憲一さんの役柄の幅を広げ、今の地位まで押し上げたのは間違いなく昌子さんだったのですね

 

 

 

 

そんな下積み時代から遠藤憲一さんを支えていた昌子さん。北海道の虻田郡・倶知安町(あぶたぐん・くっちゃんちょう)の出身だそうです。

 


昌子さんは1つ年上の姉さん女房

 

 

 

 

 

出典:チェンネルフェルス

 

奥様・昌子さんの画像を探しまくったのですが、顔がしっかり映ったものはどこにもありませんでした!すみませんm(_ _)m

唯一見つけたこの写真、お顔は残念ながらわかりませんがスレンダーでお洒落な印象ですね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレイクは、嫁・昌子さんのおかげ?

結婚してからも変わらず、遠藤憲一さんの役回りは“犯人役”“悪役”ばかり。役者としての幅を広げられないまま、40代前半までそんな俳優人生が続きました。

 

勇気いりますよねー旦那の月給8万円ですよ?苦労するのは確実じゃないですか(´д` ;)それでも結婚したのは、本当に遠藤憲一さんを愛していたのでしょうね。

そんな時、遠藤憲一さんに俳優人生の転機が訪れます。

憲一「21歳のときからお世話になっていた事務所の社長に、高齢と病気を理由に『事務所は私一代でおしまい』と言われて。自分のことをいちばん知っているのは女房だし、うちは子どももいないので『マネージャーをやってくれないか』と言ったら、『絶対いや!』と。それでもお願いにお願いを重ねて、3年目にやっと『OK』をもらいました。そのとき彼女が言ったのは『これからは、私のやりたいようにやらせてもらいます』。だから、独立してからは自分の意見はほとんど通らない。女房に乗っかってここまできたという感じです(笑)」

出典:excite.ニュース

そして、2007年、現在の個人事務所「エンズタワー」を設立。昌子さんは代表取締役に就任、遠藤憲一さんのマネージャーなったんですね。

遠藤昌子(以下=昌子)「事務所を立ち上げて最初にいただいた大きな仕事はNHK『風の果て』(’07年)という連続ドラマでした。それを見て『相当芝居ができる人だ』と見直して(笑)。これだけの表現ができるのに、これまでいただいてきたような役では見る人が限られている。もう少しいろんな人たちに見てもらえる役をやらせてあげたいと思いました。それまでは東映のVシネマやヤクザものが多くて、本人はやりがいを感じていたようですけど、私としては、たとえワンシーンの出演でも、見た方に『おっ、こんな役でもできるんだな』と思ってもらおうよと。同時にどんどんテレビに移行していきました。最初はずいぶん衝突しましたけれど『この前の役よかったよ。次はこの役でどう?』と言ってくださる方が増えてきて、役柄も広がっていきました。それからですね、私の言うことを素直に聞いてくれるようになったのは(笑)」

出典:excite.ニュース

遠藤憲一さんの役柄の幅を広げ、今の地位まで押し上げたのは間違いなく昌子さんだったのですね

上記引用のインタビューで遠藤憲一さんが語っているように、お二人には子供がいません。だからこそ、昌子さんは全力で俳優・遠藤憲一さんを育てることができたのかもしれません。

遠藤憲一さんが「徹子の部屋」でトーク中に言葉をド忘れしてしまった時も、外から昌子さんが助け舟を出したりする場面があったり^^

 


仕事面でも良きパートナーなんですね!

 

 

 

 

 

遠藤憲一の芸能界デビュー

野球や高校生活など、「嫌だと思うとすぐに辞めてしまう」遠藤憲一さん、当然仕事も続かずアルバイトを転々とする日々を送っていました。

18歳の時、電車で見たタレント養成所の募集広告に軽い気持ちで応募し、合格。余談ですがその養成所には三原じゅん子さんも入所していたそうです。

タレント養成所に入って2年後(20歳)、本格的に役者を目指そうと仲代達矢さんの「劇団・無名塾」に応募。倍率200倍を見事突破し合格しましたが、これまた厳しさに嫌気がさして10日で辞めてしまいます^^;

その後、ほとんどエキストラのような役ばかりで舞台に出演していましたが、その舞台を見ていた劇団フジ・東京宝映(現在の宝映テレビプロダクション)にスカウトされ、1983年22歳で「壬生の恋歌」で遂に俳優デビュー果たします。

その後、遠藤憲一さんはドラマや映画、Vシネマで悪役を中心に活躍。しかし経済的には不安定で、29歳までは四畳半の風呂なし共同トイレのアパート暮らしだったそうです。

 


遠藤憲一さんって、下積み時代が長かったのですね。でも…何をしても長続きしなかったのに、俳優業だけは辞めることはなかったんですね。

 

遠藤憲一の嫁さんって?

そんな下積み時代から遠藤憲一さんを支えていたのが「現在の妻・昌子さん」です。北海道出身だそうです。

遠藤憲一さんは、月給8万円だった1990年に29歳で昌子さんと結婚されています。昌子さんは1つ年上の30歳でした。

 

 

 

 

出典:チェンネルフェルス

 

奥様・昌子さんの画像を探しまくったのですが、顔がしっかり映ったものはどこにもありませんでした!すみませんm(_ _)m

唯一見つけたこの写真、お顔は残念ながらわかりませんがスレンダーでお洒落な印象ですね♡

 

遠藤憲一さんと昌子さんの馴れ初めは?

遠藤憲一さんと嫁(妻)昌子さんの出会いは、遠藤憲一さんが25歳の時でした。劇団時代の知り合いが舞台の自主公演をやることになり、遠藤憲一さんは脚本と演出を任されます。その舞台の看護師役として紹介されたのが昌子さんだったのです。

なるほど、昌子さんも舞台女優だったんですね(°∀°)

昌子さんは、タレントとしても活動していたという情報もあります。当時は遠藤憲一さんよりも稼いでいたようです。

遠藤憲一(以下=憲一)「4年間付き合って、29歳で結婚しましたが、結婚しようと思ったのは本当に突然でした。付き合い始めてしばらくは『結婚』が頭にありましたけど、時間とともにその思いがだんだんと薄れていって。『もう結婚はないのかな……』と思っていたときに、彼女と映画を見に行った。ボクサーが主人公の『どついたるねん』という、結婚とはまったく関係ない映画でしたが。その帰りに居酒屋に寄って、その場で突然『結婚しちゃおう』と思って、彼女に『結婚する!』と宣言したんです。あのとき、なぜ突然結婚しようと思ったのか、いまだによくわからないですね(笑)」

出典:excite.ニュース

昌子さんは遠藤憲一さんとの結婚を機に芸能界を引退され、その姿は一切表には出てきていません。

 

ブレイクは、嫁・昌子さんのおかげ?

結婚してからも変わらず、遠藤憲一さんの役回りは“犯人役”“悪役”ばかり。役者としての幅を広げられないまま、40代前半までそんな俳優人生が続きました。

 

勇気いりますよねー旦那の月給8万円ですよ?苦労するのは確実じゃないですか(´д` ;)それでも結婚したのは、本当に遠藤憲一さんを愛していたのでしょうね。

そんな時、遠藤憲一さんに俳優人生の転機が訪れます。

憲一「21歳のときからお世話になっていた事務所の社長に、高齢と病気を理由に『事務所は私一代でおしまい』と言われて。自分のことをいちばん知っているのは女房だし、うちは子どももいないので『マネージャーをやってくれないか』と言ったら、『絶対いや!』と。それでもお願いにお願いを重ねて、3年目にやっと『OK』をもらいました。そのとき彼女が言ったのは『これからは、私のやりたいようにやらせてもらいます』。だから、独立してからは自分の意見はほとんど通らない。女房に乗っかってここまできたという感じです(笑)」

出典:excite.ニュース

そして、2007年、現在の個人事務所「エンズタワー」を設立。昌子さんは代表取締役に就任、遠藤憲一さんのマネージャーなったんですね。

遠藤昌子(以下=昌子)「事務所を立ち上げて最初にいただいた大きな仕事はNHK『風の果て』(’07年)という連続ドラマでした。それを見て『相当芝居ができる人だ』と見直して(笑)。これだけの表現ができるのに、これまでいただいてきたような役では見る人が限られている。もう少しいろんな人たちに見てもらえる役をやらせてあげたいと思いました。それまでは東映のVシネマやヤクザものが多くて、本人はやりがいを感じていたようですけど、私としては、たとえワンシーンの出演でも、見た方に『おっ、こんな役でもできるんだな』と思ってもらおうよと。同時にどんどんテレビに移行していきました。最初はずいぶん衝突しましたけれど『この前の役よかったよ。次はこの役でどう?』と言ってくださる方が増えてきて、役柄も広がっていきました。それからですね、私の言うことを素直に聞いてくれるようになったのは(笑)」

出典:excite.ニュース

遠藤憲一さんの役柄の幅を広げ、今の地位まで押し上げたのは間違いなく昌子さんだったのですね

上記引用のインタビューで遠藤憲一さんが語っているように、お二人には子供がいません。だからこそ、昌子さんは全力で俳優・遠藤憲一さんを育てることができたのかもしれません。

遠藤憲一さんが「徹子の部屋」でトーク中に言葉をド忘れしてしまった時も、外から昌子さんが助け舟を出したりする場面があったり^^

 


仕事面でも良きパートナーなんですね!

家庭での遠藤憲一さん

コワモテ・お茶目俳優、遠藤憲一さん、実は姉さん女房の尻に敷かれるタイプだったみたいです(笑)

 

「遠藤憲一さんは恐妻家」エピソード

・昌子さんは毒舌で厳しくダメ出しされる。

・「食べ方が汚い」「お行儀が悪い」とよく怒られる。

・お金は全て昌子さんが握っており、小遣い制である。

・クレジットカードを持たせてもらった時、キャバクラで8万円使った明細が昌子さんに見つかる。激しく怒られてカードをハサミで切られ、以降はカードを取り上げられた。

 

“キャバクラとはなんぞや”を即興演技で黒柳さんにレクチャーする遠藤憲一さん(笑)

他にも…

・浮気がバレて離婚を突きつけられた。

・元旦に「2時間だけ」と言って飲みに出掛け、1月3日の深夜に帰宅したら「解雇!事務所は解散!」「家を出て行くか、酒をやめるか」と離婚を突きつけられた。

 

無事、離婚危機は乗り越えられたようで…^^;でもそんな簡単に辞められるもんですか?昌子さんは一切お酒飲まないので余計に腹立つんでしょうね^^;

まー飲んでも良いけど飲まれないでほしいですね!

 

遠藤家の子供は「まめ」と「エレキ」

遠藤憲一さんと昌子さんの間にはお子さんはいないのですが、可愛い2匹のマルチーズ犬がいたようです^

 


ピンクのリードが女の子の「まめ」ちゃん、ブルーのリードが男の子の「エレキ」くんです。

遠藤憲一さんは、幼い頃大きな犬に追いかけられた過去がトラウマで犬嫌いでしたが…1997年、昌子さんが勝手に(笑)「まめ」ちゃんを連れてきて、その1年半後には「エレキ」くんが家族に加わりました。

2007年にまめちゃんが免疫介在性血小板減少症を引き起こしたことをきっかけに、およそ9年にわたる2匹の介護生活が始まった。妻は24時間、愛犬たちを見守り遠藤もそれをできる限りサポート。当時、妻によって撮影した映像では、弱りきったまめちゃんに丁寧に優しく水をやる遠藤の姿が残されていた。

「女房と犬たちの関係をみるとね、『もう数日で亡くなりますよ』と言われていても数ヶ月生き延びたり…動物を捨てちゃったりって人もいるけど逆のパターンもある。もっと生き延びさせることもできる。女房の愛情が犬たちに伝わるんだ…ってね」とその奇跡を目の当たりにしたことで妻と愛犬たちの絆に感服したようだ。恐妻家として知られる遠藤だが“愛妻家”の一面を覗かせた。

出典:ORICON NEWS

遠藤憲一さんの犬嫌いは何処へやら。きっと子供のように可愛がっていたのでしょうね。

2014年1月にまめちゃん、2016年2月にエレキくんが天国に行ってしまったそうですが、この2匹との出会いについて、遠藤憲一さんは「自身も、役者としても大きな影響を受けた部分がある」と語っています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

遠藤です。 今日は #節分の日 だって。 今年も愛犬エレキが天国から節分コールします。

遠藤憲一さん(@enken.enstower)がシェアした投稿 –

可愛いけどシュール(笑)可愛い2匹との思い出を大切にしているんでしょうね^^

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は遠藤憲一さんとその嫁・昌子さん、家庭についてご紹介しました。

遠藤憲一さんと昌子さんは出会うべきして一緒になった夫婦と言えるほど、お互いを理解し合えているようでまさに「おしどり夫婦」!

遠藤憲一さん、これからもお酒はほどほどに、夫婦二人三脚で活躍していってほしいと思います!

最後までご覧いただき、ありがとうございました^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)